投資や副業で成功した芸能人、失敗して多額の借金を背負った芸能人の違いを調べてみた


【人気記事】成功するネット副業法10選 ┃ おすすめ転職エージェント5選 ┃ 高収入バイト12選

 

「副業や投資で成功や失敗した芸能人って誰だろう?」

「お金持ち芸能人は投資や副業がうまくいっていて羨ましいな・・」

「あの人テレビで見ないけど、最近は何してる」

投資や副業で成功した芸能人という話を聞くと、どうしても羨ましく思ってしまうものですよね。

また彼らが、どうのような投資(または副業)をしているのかは大変気になるところです。

僕もご多分に漏れずとても気になってしまいましたので、サイドビジネスで財を成した芸能人たちが何をやって成功したのかを徹底的に調べてみました。

 

分かったことは、投資や副業で成功している芸能人は明確なポリシーを持っているということ。

そして個人的に更に面白いと思った点は芸能人としてあまり成功していない人でも、サイドビジネスの世界において成功している人は多く存在するということでした。

つまり僕ら一般人に置き換えて考えてみると、

今やっていること(本業/サラリーマンなど)が全然ダメでも諦めずに別のことにトライすれば、成功する確立は十分にあり得るという教訓ではないでしょうか。

 

※なお、直ぐに気になるトピックをご覧になれるように早見表を作りました。

芸能人の投資・副業/成功者・失敗者の早見表

 

※上の「早見表」の各項目クリックすると、直ぐに芸能人の気になる成功談(もしくは失敗談)を見ることが出来ます。または、このまま記事を読み進めて全ての体験談をお読み下さい。

 

今回は投資や副業で成功した芸能人たちの成功法則をご紹介することで、あなたのサイドビジネスのアイディアにしていただけると幸いですね。

もちろん比較のために、失敗して多額の借金を背負った芸能人もあわせてご紹介しています。

ぜひ、最後までお付き合い下さい。

この記事を書いた人:むしゃのこうじ たろう(当ブログ編集長)

ブラック企業 → リゾバ → 転職 → 副業を経て現在は個人事業主として独立し、当ブログでは20代から30代前半にかけてお金で悩んだ自分自身の体験をベースに記事を書いています。

投資で成功した芸能人

島田紳助さん(不動産投資)

暴力団関係者と親交があったとして、芸能界を引退した島田紳助さん。

それらは事実かもしれませんが、間違いなく投資家(中でも「不動産投資」)として成功した芸能人の1人です。

芸能界を引退した今でも不動産投資を中心に、事業投資・店舗経営など幅広く投資を行いっており、現役以上に大きな財をなしていると噂されていますね。

紳助さんは若手の頃から不動産投資をやっていたことは有名ですが、そこには投資家として最も大切かつ明確なポリシーがありました。

そのポリシーとは、「忙しくても自分自身で全ての物件を見て回る」ということです。

芸能人として分刻みの仕事をしながら無理矢理にでも時間を作って、自分の足で何百という物件を見て回っていたそうですから、その行動力は大変見習うところがありますね。

 

パックンさん(株式投資)

パックンマックンというお笑いコンビを組んでいるパックンさん(本名・パトリック・ハーラン)。

実はハーバード大学を卒業し、株式投資歴20年の大ベテランです。

株式投資を始めた頃は個別銘柄に投資しては小さく儲けたり損をしたりということを繰り返していましたが、アメリカのITバブルで大損をしてからは「分散投資」を心がけているそうですね。

パックンさんの株式投資(主にインデックス投資)に対するポリシーは、アメリカ人として育った環境に影響されているのかもしれません。

そのポリシーとは、「Grow Your Money(お金を育てよう)」ということです。

インデックス型の投資信託を中心に国内外問わず幅広く株式投資をして、しっかりとお金を育てているパックンさんだからこそ言える素晴らしいポリシーですね。

 

堀江博文さん(仮想通貨投資)

もともと実業家である堀江博文さん(通称・ホリエモン)ですが、最近はテレビなどにも良く出ているため芸能人としてくくらせてもらいました。

実業家で成功した堀江博文さんは、最近「仮想通貨投資」にも積極的なようです。

本人曰く、仮想通貨の1つであるイーサリアムに投資すると、たったの数ヶ月で35倍に値上がりしてしまいました(500万円投資していたと仮定すると約1億7千万円以上・・)。

堀江博文さんの投資やビジネスに対するポリシーは、やりたいことは全てやる人生において必然的に培ったのかもしれません。

そのポリシーとは、「面白そうだからやる」ということです。

仮想通貨というみちのモノに多額の投資が出来たのも、面白そうだからという堀江博文さんの底のない知的好奇心があったからこそかもしれませんね。

投資で失敗した芸能人

千昌夫さん(不動産投資)

演歌界の大御所である千昌夫さんは、演歌で稼いだお金を不動産投資につぎ込み更に大きな財を成しました。

当時はバブルの時代でしたから千昌夫さんの不動産投資は絶好調。

しかし1991年にバブルが崩壊し、個人保証を付けていた関係で負債額が3,000億円まで膨らみます(芸能人の借金で歴代大高額)。

2000年代には民事再生法や会社更生法の適用が認められ、棒引きされた全ての借金を何とか完済されました。

現在は歌手として毎月10回程度の地方コンサートを精力的に開催しているようです。

 

江川卓さん(株式投資)

野球界で名を馳せた元巨人軍団の江川卓さんは、その契約金で株式投資をスタート。

しかし千昌夫さんと同じように、バブル崩壊によって50億円の負債を背負うことになりました。

その後はテレビタレントやスポーツ番組の司会者として芸能活動を精力的に行っており、噂では50億もの負債を全て完済したとされています。

本人はプロ野球界で監督業を目指しているとささやかれていますが、多額の借金によって悪いイメージが定着し完済した今でもその夢は叶っていません。

 

小室哲哉さん(事業投資)

音楽家・音楽プロデューサーとして一世を風靡した小室哲哉さんは、音楽活動で得た膨大な収入を元に1996年末に約1億円近くを出資して香港に合弁会社(TK NEWS)を設立します。

しかし経営難によって、16億円の借金を負いました(後に詐欺容疑でも逮捕されています)。

現在は音楽活動を再開して借金返済を行っていますが、全く返済の目処が立っていません。

そのためパチンコ業界に参入しパチンコ台のプロデュースをしたり、アジアでのアイドルグループ発掘のためのオーディオなどを行いアジア進出を目論んでいるようですね。

副業で成功した芸能人

デビット伊東さん(ラーメン屋経営)

お笑い芸人や映画の脇役として人気が高いデビット伊東さん。

番組の企画でラーメン修行をしたことをきっかけにラーメン屋を経営し、現在の年収は2億とも噂されています。

デビット伊東さんの経営するラーメン屋「でびっと」は2000年の創業から今年で17年目となり、海外にも店舗を持つまでに成長し総店舗数は計7店舗にもなりました。

テレビ番組でラーメン修行をし本当にラーメン屋をオープンさせたデビット伊東さんは、そこからラーメンの腕のみならず経営者として手腕を発揮。

そのポリシーとは、「お客様を大切にする以上にスタッフを大切にする」ということです。

従業員育成には徹底的に力を入れ、スタッフが出来る限り働きやすい職場づくりを行っているデビット伊東さんだから言える大変素敵なポリシーですね。

 

※ラーメン屋さんやカフェなどの飲食店で独立するならフランチャイズが最もおすすめです。詳しくは「開業資金0円からOK!ラーメン店やカフェなど憧だった自分のお店をフランチャイズ経営する方法」という記事に書きました。

※ただいま準備中です。

 

入江慎也さん(講演・コンサルティング)

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也さんは、人脈が多く友だちが5,000人いることでも有名です。

それが評価され、人脈作りの書籍を発行したり講演会や経営コンサルタントとしての活動の幅を広げて、現在では月収160万円とも(最高月収は450万円!)

売れない芸人としてしかテレビでは取り上げられていませんけれど(事実、芸能界の月収は15万円以下)、独自に培った人脈力を仕事に活かして成功例と言えますね。

テレビでは常に滑っていて適当なイメージのある入江慎也さんですが、人脈作りをするうちに明確なポリシーを培っていきました。

そのポリシーとは、「相手を良い気持ちにさせることには労を惜しまない」ということです。

芸能界で1・2を争う人脈の持ち主である入江慎也さんは、とにかくマメだとよく聞きますから相当な苦労をされて今の地位を築き上げていったことは想像に難くありません。

 

辻希美さん(ブログ・アフィリエイト)

モーニング娘。の第4期メンバーとしてデビューし、現在はママタレントとして活動している辻希美さん。

実はブログが大人気となり、ただ日記を書いているだけで「広告収入」が月500万円(年収5,000万円!)を超えているのをご存知でしたか?

辻希美さんは芸能人ですから、月間1億回もファンからブログを見てもらっているようですね。

 

ブログで稼ぐってどういうこと?

辻希美さんのブログには広告が貼り付けてあり、その広告をクリックされるか広告から商品を購入されることにより、企業側から収入を得ることが出来る仕組みになっています。

この仕組みを通称「ブログアフィリエイト」と呼び、一般人の僕らでも直ぐに始めることが出来る最も簡単なネット副業法ですね。

 

当然ここまでの収入をブログを書くだけで稼ぐのはなかなか難しい話ですが、しかしブログで少しでも稼いだり副収入を得ることは、意外と簡単に真似することが可能です。

この記事を書いている僕も何を隠そう副業でブログアフィリエイトを始め、現在は独立し月収が100万円近くになりました。

 

あわせて読みたい

自分の好きなことを発信して稼ぐブログアフィリエイトの方法は、「ブログアフィリエイトで楽しみながら稼げる方法とは?ホビリエイトの評判と口コミあり」に僕や他の方々の体験談とともに詳しくご紹介しています。

ホビリエイトの評判と口コミ!ブログアフィリエイトで楽しみながら稼げる方法とは?

2017.09.16

 

副業で失敗した芸能人

小林旭さん(ゴルフ場開発事業)

石原裕次郎さんらと並んで映画制作会社・日活の黄金時代を築き上げた小林旭さん。

映画出演の膨大なギャラを使ってゴルフ場開発を手がけますが14億円の負債を負ってしまい、更にバブル崩壊の波をくらい不動産投資でも37億円の借金を負うことになりました。

ゴルフ場開発で負債を抱えた後は歌手デビューするなど、借金返済のために地方をドサ回りするようになります。

その後は名曲の数々をヒットさせ、小林旭さんは歌手活動を更に本格化したことにより2003年には約50億円もの負債を全て完済しました。

 

さだまさしさん(映画製作事業)

シンガーソングライターとして有名なさだまさしさん。

映画監督の父親の夢であったドキュメンタリー映画『長江』の制作費を、息子であるさだまさしさんがお金を出してあげたものの映画自は不発に終わり35億円近くもの借金を負うことになります。

その後は精力的に単独ソロコンサートを重ね、前人未到の4,000回公演を達成しました。

当然、現在では映画『長江』で背負った35円もの借金は、これらのソロコンサートのおかげで全て完済しています。

 

元木大介さん(ラーメン屋経営)

元プロ野球選手でタレントの元木大介さん。

サイドビジネスとして始めたラーメン屋経営で、4年間でなんと3店舗全部を潰してしまいました。

ラーメン屋の失敗によって借金をしたかどうかには言及されていませんが、自身の失敗の理由を後にこう語っています。

「甘い考えでラーメン屋を始めてしまったから・・」

当然と言えば当然の話しですが、生涯年俸推定約9億円という膨大なお金を持ってしまったがためにラーメン屋自体のオープン費用は、元木大介さんにとっては小さな額だったのでしょうね。

 

元木大介さんやその他の芸能人の成功談・失敗談を見ていると、投資・副業に関わらずサイドビジネスであっても明確なポリシーを持って取り組む必要があることを学びました。

ですから僕ら一般人であれば、なおさら小さな元手から始められる投資や副業から、地道にスタートした方が良さそうですね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。