【リゾバ体験談】30代が会社員を辞めて5ヶ月くらい田舎暮らしバイトをして月々の貯金額20万円を達成した話


【人気記事】成功するネット副業法10選 ┃ おすすめ転職エージェント5選 ┃ 高収入バイト12選

 

「俺の手取りって、アルバイトと同じじゃね・・」

「会社員に疲れた!」

「田舎でノンビリ暮らしたいかも」

会社員やサラリーマンでも、給与や手取りが低いと将来が大変不安になるものですよね。

僕も恥ずかしながら30代前半頃まで手取り21万円で、しかも毎月20万円以上使ってしまい貯金もほぼ0円と、どうじょうもない人生でした。

そんなとき、幸運なことに「リゾートバイト」という住み込みのアルバイトに出会ったのです。

 

リゾートバイトを始める前はうつ病のため会社を辞め、部屋に閉じこもっていましたが、当時の彼女に促されリゾートバイトに応募してみたのです。

その職場は予想以上に楽しくて、結果的に約5ヶ月間働き貯金も100万円以上になりました!

僕はそんな住み込みのアルバイト(リゾートバイト)を経験して、「人生って別に1つのレールにこだわる必要ないかも・・」と何だか気が楽になったんですよね。

 

今回はサラリーマンを投げ出した僕が、住み込みのアルバイトで田舎に住んでみた体験談を赤裸々に書いてみました。

もちろん、リゾートバイト派遣会社で最も高時給な求人を多く取り扱っている派遣先の詳しい活用方法も掲載しています。

特に30代の方は、ぜひ最後までお付き合い下さい。

(※なお、今すぐ自分の条件に合ったリゾートバイトを見つける方法を知りたい方は、「こちら」をクリックすると直ぐに読むことが出来ます)

この記事を書いた人:むしゃのこうじ たろう(当ブログ編集長)

ブラック企業 → リゾバ → 転職 → 副業を経て現在は個人事業主として独立し、当ブログでは20代から30代前半にかけてお金で悩んだ自分自身の体験をベースに記事を書いています。

僕が住み込みのバイト(アルバイト)で田舎に移住した理由

住み込みのアルバイトをする前は、いわゆるブラック企業で働いていました。

残業も多く、帰りも終電近いこともありましたね。

しかも手取りはたったの21万円と、今、世間で騒がれている以上の超ブラック企業という・・。

それが原因で、精神科医から「うつ(の初期症状)」と診断され、幸か不幸か会社を辞めることになったのです。

 

数ヶ月は自宅療養をしていたのですが当時の彼女(今の嫁)に勧められ、世界遺産でも有名な宮島へ旅行に連れて行かれました。

(※ブラック企業退職後の暗黒期については、また機会を見つけて記事にする予定です)

ずっと東京で仕事も生活もしてきましたから、最初は田舎を旅行するくらいなら死んだほうがマシ・・、当然、住むなんてことは絶対にアリエナイと思っていました。

ですが・・「宮島」を訪れた瞬間に、僕の心は虜になってしまっていたのです。

 

僕とリゾートバイト(リゾバ)との出会い

それからと言うもの僕は、こんな素敵な田舎に住みたいと思うようになりました。

「しかも可能なら宮島、遠くても広島県内に住みたい!」というのが希望だったのですが、もちろん引越しするようなお金はありません。

そこで知人から教えてもらったのが、地方のホテルや旅館で住み込みをしながら働ける魔法のようなアルバイトの「リゾートバイト」でした。

 

そこで早速インターネットから、最も時給が高いと評判のリゾートバイト.comに登録してみました。

30代ですから、働かせてくれるホテルや旅館があるか大変不安でしたが、いざ応募から面接をしてみると意外にも30代が多くて安心しました。

そして順調なほどあっさりと夢だった宮島での仕事も決まり、派遣された旅館も20代後半から30代の方が多く働く職場でした。

リゾートバイト.comで自分の好きな地域や仕事を見つける方法

実際に宮島で住み込みのアルバイトをしたときの体験談を書く前に、自分の好きな地域や条件から仕事を探せるリゾートバイト(以下、リゾバ)をについて詳しくご紹介します。

とっても簡単ですから、まずは「リゾートバイト.com」にアクセスして下さい。

 

 

働きたい地域(エリア)から住み込みバイトを見つける

リゾートバイト.comにアクセスすると、上の写真のように働きたい地域(都道府県)から選ぶことが出来ます。

特に人気な地域は「関東」周辺ですが、夏休み時期になると「沖縄」、逆に冬・春休み時期になるとスキー場などが多い「北海道」も人気が高いですね。

都会よりも田舎のほうが好きなならば、東北や九州などが良いかもしれません。

 

またリゾートバイト.comなら地域(エリア)の他にも、検索ボタンの下にある「こだわり検索はコチラ」を押すと上の写真のようにリゾートタイプ・職種か・こだわり条件から仕事を探すことも可能です。

これらの選択肢(複数選択可)から、ぜひ自分の条件にあった職場を探してみて下さいね。

 

◯海好きには沖縄のリゾバ(リゾートバイト)がおすすめ

リゾバの魅力は、憧れのビーチリゾートである「沖縄」でも住み込みのアルバイトが可能なところです。

特に夏休みは沖縄県内外から多くの旅行者も集まりますから、かなり楽しい仕事場になるでしょうね。

僕が聞いた話では、沖縄の某リゾートホテルで働いていたKくんは県外から来た女性と職場で仲良くなり、最終的には結婚されたようです。

ただし沖縄で働くデメリットとして、時給が低いこと(700〜900円)は事前に知っておいて下さい。

 

◯冬のリゾバならスキー場バイトが大人気

夏に沖縄が人気なら、冬はスキー場または周辺ホテルや旅館の住み込みのアルバイトが人気です。

特にスキーやスノボーをする方ならスキー場やスキー場を所有するホテルで働けば、なんと仕事のない時間(休日を含む)ならタダで滑りたい放題という施設も多いですね。

しかも周りがみんなスキー・スノボー好きですから、お友だちも多く出来ることでしょう。

デメリットは冬から春にかけてと短い期間(最大5ヶ月間)しか働けないことですが、時給も1,000円以上と比較的高くておすすめです。

 

あわせて読みたい

なお、スキー場バイト(リゾバ)の詳細は「【完全保存版】スキー場バイト体験談!リゾートバイトの勤務期間や業務開始の流れなど全まとめ」という記事に書いていますので、こちらもあわせてご参考にされて下さい。

【完全保存版】スキー場バイト体験談!リゾートバイトの勤務期間や業務開始の流れなど全まとめ

2017.10.03

 

◯ガッツリ貯金するなら田舎リゾバがおすすめ

リゾバの目的が「貯金すること」であれば、間違いなく田舎にある旅館やホテルでのアルバイトをおすすめします。

田舎であれば家賃・光熱費は当然で、更に食費まで全て無料という職場も多くありますね。

例えばお盆や年末年始に時給1,000円で働けば、繁忙期であるため手取りが25万円を超えることもザラ・・。

食費もタダで田舎ですから周りに遊ぶところもありませんから、その手取りを使うことなく5ヶ月で100万円を貯金することも十分可能です。

 

自分のこだわり(条件)からリゾバを見つける

リゾートバイト.comでは、トップページ⇢こだわり検索はコチラ⇢もっとこだわるの順にクリックしていくと、さらに自分の「こだわり」から仕事や職場を探すことが可能です。

例えば上の写真のように時給1,300円以上・水道光熱費無料・シフト融通が効くのような一般的なこだわりから、給与前借可・40歳以上歓迎・タトゥー可など、特殊なこだわりまでさまざまですね。

これらの選択肢から、ぜひ自分のこだわりにあった仕事を探してみて下さいね。

 

ただし、あまり条件を加えすぎると検索結果が0件になりますので、その場合は特にこだわりたい項目1〜2件のみにチェックを入れて再検索されてみて下さい。

なお特にこだわった方が良い点は、僕の経験上でアドバイスをするならば、仕事が終わった後にゆっくりできる「個室タイプ」かもしれません。

 

◯人間関係が苦手なら一人部屋(個室)がおすすめ

リゾバの職場環境はかなり良いとは言っても、仕事後のプライベートな時間はしっかり欲しいという方も多いと思います。

何を隠そう僕もそのタイプで、少しくらい時給が下がって「個室」を準備してくれる職場を選びました。

仕事条件は妥協するにしても、住まいは絶対に妥協しないことをおすすめします。

 

◯友だち作りなら寮(シェアルーム)

逆に友達同士でワイワイするのが好きな方は、シェアルームや寮タイプのお部屋をおすすめします。

またこの手のタイプを提供する職場は時給が高いことも多いですから、ガッツリと貯金をしたい方にとっても良い選択肢かもしれません。

プライベートが特に気にならないのであれば、時給の高さやエリアの良さなど選択の幅が広がりますのでかなりモチベーションが上がりますね。

 

リゾバ(リゾートバイト)のインターネット応募なら24時間対応可

リゾートバイト.comで気に入った職場が見つかれば、そのままインターネットから応募することが出来ます。

当然インターネットなので24時間応募と、営業時間を特に気にする必要もありません。

上の写真のように気になる求人が見つかれば「応募する」をクリックし、下記の必要事項を入力し応募すれば応募完了です。

 

Web応募で入力する必須事項は?

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 現住所(都道府県)
  5. 電話番号
  6. メールアドレス

 

※気に入った職場や自分のこだわりに合った職場が見つからなかった場合でも、Web応募をしておけば後日リゾバの担当者が、あなたの条件に合った職場を個別に探してくれます。

そのため、とりあえず応募だけでもされてみて下さいね。

 

住み込みバイト(リゾバ)体験談

ここからはリゾバの体験談を書いていきます。

記事の冒頭でも書いたように、僕は宮島のとある旅館で約5ヶ月間働きました。

ここからの体験談は、30代の僕と最近リゾバで働き始めたお友だち「Kくん(20代)」の体験談と2通りを載せています。

では、実際に僕らのリゾバ体験談をご紹介しますね。

 

リゾバの職場環境について

リゾートバイト.comを活用すれば、上でも書いたように出来る限り自分の条件に合った職場を探すことが可能ですね。

「個室付きのスキー場があるホテル」など、好条件の職場も多く見つかります。

 

実際に働いてみた感想は?

僕:世界遺産である宮島(広島県)の旅館で働きましたが、お客様を客室まで案内したり食事をお部屋まで運んだりするお仕事でした。女将さんも優しい人で、田舎ということもあってスタッフの方もみんな親切でしたね。

Kくん:現在は湘南にある大型ホテルで働いています。仕事自体はレストランのホールスタッフで、夏休みはなどの大型連休は特に忙しく、8月は1ヶ月で23万円稼ぎました。厳しい職場で大変ですが、個室を選んでいるので仕事後のプライベートはゆっくりしています。

 

リゾバの最低満期は3ヶ月ですので、3ヶ月毎に好きなエリアに移動しながら働いてみるのも楽しそうですね(※気に入った職場は、担当者と相談して延長することも可能です)。

僕が知り合った方の中には、3ヶ月毎に離島から離島へ職場を変えている方もいました。

 

リゾバの食事・まかないについて

リゾバでは、まかないを無料で提供してくれる施設も多くあります。

もしガッツリと貯金をしたいのであれば、こういった条件の施設を探すのが最も効率が良いかもしれません。

 

実際に食べてみた感想は?

僕:働いていた職場は小さな個人営業の旅館でしたから、まかないも料理人(主に見習い)が手の空いた時間に交代で作っていました。そのため食事は3食とも毎回とても美味しくて、たまに旅館の残り物が出るときどは大変豪華でしたね。

Kくん:大型ホテルですからスタッフの数も多く、まかないは専用のおばちゃんが作っています。料理は普通の食事ですが、おかわり自由なのが嬉しいですね。ただし僕の職場は朝食が出ないため、近くのスーパーでパンなどを買い置きする必要があります。

 

リゾバの種類によっては、食事は自腹(社員割引アリ)という施設もありますから、働く前にはしっかりと確認することをおすすめします。

なお田舎であればあるほど人手不足ですから、好条件な職場が多いですね。

 

リゾバで恋人ができるって本当?

リゾバの都市伝説としてまことしやかささやかれているのが、住み込みのアルバイト中に彼女(彼氏)が出来るっていう噂ですよね。

ですが、この職場恋愛がどうやら本当らしいのです。

 

職場恋愛を見かけましたか?

僕:職場恋愛は多く見かけましたね。アルバイト同士はもちろんですが、社員とアルバイトという職場恋愛もありました。僕が働く前は、社員の男性とアルバイトの女性が結婚して、女性はそのまま寿退社されたようです。

Kくん:多く見かけるというか、僕が今現在、実際に職場で知り合った女の子と付き合っています。この子は台湾からの留学生で(外国人が多く働く職場も結構あります)、つまり僕らは国際恋愛ですね。このリゾバが終わったら、2人で一緒に台湾旅行に行く予定にしています。

 

恋人を作るのが理由だけでリゾバをするのは後ろめたい気もしますが、僕はそんな単純な理由だけでも全然OKだと思っています。

おすすめの職場は、やはり人気の沖縄やスキー場などですね。

 

 

リゾバの手取りや貯金について

リゾバのメリットは、生活をほとんど使わなくて良い点にありますね。

また少々不便でも田舎や、または忙しい職場を選べば時給も1,000円を超え(深夜手当1.2割増)その多くを貯金することが可能です。

 

実際に稼いだ額と貯金額は?

僕:僕の時給は950円で手取りは約25万円。毎月コンスタントに同額のお給料をもらえましたので、トータル5ヶ月で125万円を稼ぐことが出来ました。しかも寮費も食費もタダでしたから、全て貯金してしまいました。どこも遊びに行かなかった理由は、単に近くに遊ぶところが無かったからですね。

Kくん:時給は1,050円ですが、繁忙期とそうでない月で手取りが18万〜25万円と大きく違います。ですがトータルで、3ヶ月で50万円以上は稼げていますね。僕は台湾人の彼女が出来たので、休日はデートなどで出費します。それでも3ヶ月で2〜30万円くらいは手元に残る計算です。

 

たくさん貯金をしようと思えば稼ぐ額を増やすことも当然ですが、いかに出費(生活費)を抑えるかも大変重要です。

その観点から、リゾバは絶好の機会であると言えますね。

 

 

リゾバ(リゾートバイト)後の進路や人生設計

リゾバは、長い人生の中で決して悪くはない選択肢だと僕は考えます。

事実、ブラック企業をうつ(の初期症状)で退職した僕に、「田舎で働くという」第2の選択肢をくれました。

しかしリゾバ(アルバイト)で一生を終えるのかと言えば絶対に嫌ですし、そもそも年を取れば絶対にそれ1本でやっていけるほど社会は甘くありません。

リゾバの前に、またはリゾバ中に必ず次の進路や人生設計を考えて下さい。

 

リゾバ後の僕は、今、何してる?

ブラック企業退職→リゾバ→大企業に転職→結婚→ネット副業開始→独立(今ココ)

 

このような人生を送ることだって十分可能なワケです(実際に僕が証明しました)。

例えば、リゾバで貯めたお金で東京や大阪などの大都市に引っ越しをし就職活動を始めるとか、リゾバ中の空いた時間を使ってインターネットで副業をするとか・・。

賢くリゾバをすれば、自分の人生(将来)を豊かにする方法はいくらでもあります。

僕はリゾバを経験することによって、その後の人生が大きく変わりました。

そう、「人生って別に1つのレールにこだわる必要はないかも・・」と思えるようになったことは、僕にとって本当に素晴らしい体験でしたね。

ぜひ次の1歩への準備期間として、あなたもリゾバで働いてみませんか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。