30代男性サラリーマンの平均給与や平均年収ってどのくらい?


【人気記事】成功するネット副業法10選 ┃ おすすめ転職エージェント5選 ┃ 高収入バイト12選

 

「今の給料って他と比べてどうなんだろう?」

「同期のアイツより少ないかも・・」

「あの会社は何であんなにボーナス多いんだよ!」

他人の給与や年収って、自分のこと以上に気になってしまうものですよね。

僕もブラック企業で会社員をしていた頃は、「こんなに頑張ってるけど、他の会社の手取りってどのくらいだろう?」とずっと悩んでいました。

特にあんたが中小・零細企業で働いているとすると、その不安は大企業のサラリーマンよりも大きいかもしれません。

 

今回の記事では、民間給与の実態調査結果(2016年)をもとに、30代サラリーマンの平均給与と平均年収を調べてまとめました。

そして初めにお伝えしておきますが、仮に今のあなたの年収(給与)が全国の平均より少なかったとしても、全く心配いりません!

手取りをアップさせる方法も、当記事では同時にご紹介しています。

 

その証拠に、僕は20代から30代前半までを手取り21万円で働いていましたが、いろいろな方法を駆使して30代後半には手取りを一気に20万円ほど増やしました。

「絶対に手取りをアップさせたい!」という方必見!

ぜひ、最後までお付き合い下さい。

この記事を書いた人:むしゃのこうじ たろう(当ブログ編集長)

ブラック企業 → リゾバ → 転職 → 副業を経て現在は個人事業主として独立し、当ブログでは20代から30代前半にかけてお金で悩んだ自分自身の体験をベースに記事を書いています。

30代会社員の平均給与ってどのくらい?

自分の年収に満足いっている人も満足いってない人も、やっぱり気になってしまうのが全国30代サラリーマンの平均年収ですよね。

国税局が発表する「民間給与の実態調査結果(2016年)」によると、30代全体の平均年収は467万円とのことでした。

月収で言うと「30万円+賞与/ボーナスが年80万円程度」でしょうか。

ただしこれは男女全体、しかも30歳〜39歳までの幅広い平均年収を表しています。

 

30代男女(30歳〜39歳)それぞれの平均年収

30代男性の平均年収:501万円

30代女性の平均年収:390万円

 

この統計だとかなりザックリとしていますので、もう少し踏み込んで「30代前半(30〜34歳)」と「30代後半(35〜39歳)」で平均年収を見ていくことにしましょう。

 

30代前半(30歳・31歳・32歳・33歳・34歳)の平均年収

まず初めに、30代前半の平均年収からです。

30代前半は「30歳・31歳・32歳・33歳・34歳」で、サラリーマンで言えば役職はまだ付いていない方が多いかもしれませんね。

ちなみにこの頃の僕は、ブラック企業で役職なしの手取り21万円でした。

 

30代前半の平均年収

全体:384万円

男性:438万円

女性:294万円

(参考:民間給与実態統計調査)

 

30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)の平均年収

次に、30代後半の平均年収です。

30代後半は「35歳・36歳・37歳・38歳・39歳」で、多くのサラリーマンが役職も付いてバリバリ仕事をこなしているかもしれませんね。

ちなみにこの頃の僕は「うつ(の初期症状)」で会社を退職し、住み込みのアルバイト→大企業へ転職→独立(今ココ)という、めまぐるしい日々を過ごしていました。

 

30代後半の平均年収

全体:425万円

男性:499万円

女性:297万円

(参考:民間給与実態統計調査)

 

「アラフォーの俺の年収って、30代前半の平均年収より少ないのか・・」

と思った方は、残念ながらそのようですね。

少し厳しいことをお伝えしますが、仮にあなたが30代後半で年収が400万円近くなければ、平均給与をかなり下回っていると言えます。

例えば「会社との給与交渉」や「転職活動」など、何か方法を考える必要があるかもしれません。

年代別サラリーマンの平均年収

せっかくですから、20代・30代・40代・50代の年代別平均年収も見てみましょう。

こちらも国税局が発表する「民間給与の実態調査結果(2016年)」をもとに、年代別・男女別に平均年収をまとめてみました。

 

20代の平均年収

男性:374万円

女性:324万円

全体:354万円

 

30代の平均年収

男性:501万円

女性:390万円

全体:467万円

 

40代の平均年収

男性:616万円

女性:425万円

全体:564万円

 

50代の平均年収

男性:744万円

女性:461万円

全体:701万円

 

驚くことに、世間では20代で平均年収が350万円を越えるようですね。

月収で言えば「25万円+賞与/ボーナスが年40万円」くらいでしょうか(会社によって給与形態が異なりますので、あくまでも推測です)。

ちなみに偉そうにこの記事を書いている僕は、恥ずかしながら20代後半から30代前半にかけての給与は月収21万円でボーナスはゼロでした(今は平均値を上回っています)。

当時は何も感じることなく満足していましたが、今考えるとかなりのブラック企業ですよね・・。

 

あわせて読みたい

なお年収が気になると貯金額も気になってくると思いますが、「30代サラリーマン男性の平均貯金額と平均お小遣い額ってどのくらい?平均へそくり額は?」という記事では、金融広報中央委員会の統計を元にそれらを詳しくまとめました。

30代サラリーマン男性の平均貯金額と平均お小遣い額ってどのくらい?平均へそくり額は?

2017.08.01

 

企業別トップ平均年収ベスト10

次に、平均年収が全国で最も高いトップ10社を参考までにご紹介します。

知ったところで悲しくなるだけですが、あなたが「今どのポジションにいるのか?」を知っていて損はありません。

また、知ることで逆に大きなモチベーションにもなりませんか?

就活四季報(2018年版)」によると、最も平均年収が高い企業は、計測・制御機器大手のキーエンスで1,777万円とのことでした。

ちなみにキーエンスは、去年から引き続き平均年収トップ企業です。

 

トップ10社:全年代の平均年収

1位:キーエンス/1,777万円

2位:ファナック/1,571万円

3位:朝日放送/1,518万円

4位:三菱商事/1,446万円

5位:伊藤忠商事/1,383万円

6位:三井物産/1,363万円

7位:毎日放送/1,321万円

8位:ヒューリック/1,302万円

9位:日本経済新聞社/1,277万円

10:住友商事/1,256万円

 

参考書籍

 

トップ企業の年収の高さに、正直、驚いたかもしれません。

ですが今からでも、あなたの年収をアップさせることは、実は十分に可能なんです。

(※なお、あなたの市場価値を個別に詳しく診断するには、「MIIDAS(ミイダス)MIIDAS,ミイダス,転職,市場価値,診断」という無料サービスを活用するのがおすすめです)

 

今からでも間に合う年収アップの具体的な方法

長期的なスパンで正しい手順を行えば、今から年収をアップさせることだって、決して不可能ではありませんよ(実際に僕は、2〜3倍もアップしました)。

ここからは、「あなたの年収をアップさせる具体的な手順」をご紹介します。

 

年収アップの具体的な手順

  1. 世間とあなたの年収とのギャップを認識し受け入れる
  2. 今の会社と給与交渉する
  3. 転職への準備と転職活動をスタート

 

当然のことですが、サラリーマンとして年収をアップさせるための手順は、上の3ステップしかありません。

では、1つずつ詳細を見ていくことにしましょう。

 

世間とあなたの年収とのギャップを認識し受け入れる

今まで見てきた通り、同じサラリーマンでも年収には大きな差が付いていますね。

あなたにとってこれ以上に不都合な真実はありませんが、「年収アップの手順」の第一歩は事実を知って受け入れることから始まります。

ですから年収アップを本当に達成したいと思っているのであれば、「行動」する以外の方法は絶対にありえません。

下記の手順に従って、必ず行動に移して下さいね。

 

今の会社と給与交渉する

次の手順は、今の会社と「給与交渉」をすることですね。

年収アップと言うと、すぐに転職活動を始める方が多いですが、先ずは今いる環境を大いに活用すべきです。

特に今、一生懸命働いているのであれば、給与交渉が成功する確率は大変高いですよ。

僕も実際に給与交渉は何度もトライしてきましたが、結果的にわずかでしたが年収をアップすることに成功しました。

 

 

転職への準備と転職活動をスタート

会社との給与交渉をしてみて、その可否に関わらず年収に満足いかなければ、いよいよ転職活動を始めましょう。

ただし、先ずは転職への準備が必要です。

転職への準備とは、あなた自身が「転職に向いている」かどうかを見定めることですね。

例えば今まで、「仕事はずっと適当にやってきた」とか、「仕事内容がルーティンワークだけである」とかならば、転職活動は絶対にうまくいきません。

 

あわせて読みたい

転職に向いているかどうかの見定めは、「今すぐ転職したほうがいい人、会社に残って副業したほうがいい人の診断基準」という記事で、その方法を詳しく書きました。

今すぐ転職したほうがいい人、会社に残って副業したほうがいい人の診断基準

2017.09.18

 

ただし、この判断基準を見て「自分には転職が向いていないのか・・」とガッカリする必要も全くありません。

これから少しずつスキルを磨いていけば良いわけです。

またはどんな企業があるのか情報収集のために、「リクナビNEXT」などの転職エージェントに無料登録してみるのも1つの手です。

つまり何かしら「行動」せずして、年収アップはありえないということですね。

あなたは今から、どんな行動をしますか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。