【解決策あり】30代で借金やローンに苦しんでいる割合と平均金額ってどれくらい?


【人気記事】成功するネット副業法10選 ┃ おすすめ転職エージェント5選 ┃ 高収入バイト12選

 

「今月の返済どうしよう・・」

「住宅ローンって、他の人はどのくらいあるんだろう?」

「金利を低く抑えたい!」

住宅ローンやカードローンなど、30代になると銀行からの借り入れ(または借金など)は増えていくものですよね。

そして気になるのが同世代の借金額や、世間の平均ローン額です。

 

車を買ったり家を買ったりしたときに発生する、各種ローンの割合が多いと一般的には言われていますね(実際の割合は、記事中に記載しています)。

しかし、人によっては消費者金融などのカードローンまたは連帯保証など、特別な理由による借金に苦しめられているかもしれません。

そして借金やローンに苦しんでいる人は、実はあなただけではありませんがご安心下さい!

 

今回は借金(または各種ローン)にかかる金利を、簡単に且つ可能な限り削減する方法もあわせて掲載しました。

借金やローンに苦しむ方のお金の悩みが、ほんの少しでも解決すれば幸いです。

ぜひ、最後までお付き合い下さい。

この記事を書いた人:むしゃのこうじ たろう(当ブログ編集長)

ブラック企業 → リゾバ → 転職 → 副業を経て現在は個人事業主として独立し、当ブログでは20代から30代前半にかけてお金で悩んだ自分自身の体験をベースに記事を書いています。

30代が負う借金(ローン)の割合はどのくらい?

まず初めに借金というとマイナスなイメージがありますが、住宅ローンや自動車ローンなどの実用的なローンもこの記事では全て「借金」と総称しました。

30代と言うと、家庭を持ち子どもも出来る頃ですから当然この世代から借金が増える傾向にありますね。

総務省統計局が5年ごとに行う「全国消費実態調査(2014年)」によれば、30代の総世帯主のうち実に半数以上(55.7%)が何らかの借金を負っています。

 

30代で借金がある人の割合(2014年)

<総世帯(平均)>

借金あり:55.7%(うち住宅ローン:38.1%)

借金なし:44.3%

 

<男性(単身世帯)>

借金あり:44%(うち住宅ローン:16.9%)

借金なし:56%

 

<女性(単身世帯)>

借金あり:24.2%(うち住宅ローン:2%)

借金なし:75.8%

 

<2人以上(家族世帯)>

借金あり:62.5%(うち住宅ローン:47.6%)

借金なし:37.5%

 

2人以上世帯が占める借金の割合が最も高い理由は、家族(子どもを含む)が増えたことにより住宅ローンをはじめとした借金の必要性が増加しているためです。

逆に単身世帯、特に女性の単身世帯の負う借金の割合が思っていた以上に低くて驚きました。

確かに以前調べた結果によると、女性の貯蓄額(お小遣い額)は男性に比べて圧倒的に多かったのです。

 

 

30代の平均借金額(ローン額)はいくら?

そして、気になる30代全体の平均借金額は約860万円とのことでした。

当然これらの借金の大半が住宅ローンであり、上でも書いた通り30代で借金をしている世帯全体の実に3割以上(38.1%)が住宅ローンを抱えていることになります。

 

30代で借金がある人の平均借金額(2014年)

<総世帯(平均)>

借金額:863万円

うち住宅ローン:821万円

 

<男性(単身世帯)>

借金額:473万円

うち住宅ローン:428万円

 

<女性(単身世帯)>

借金額:34万円

うち住宅ローン:24万円

 

<2人以上(家族世帯)>

借金額:1,061万円

うち住宅ローン:1,013万円

 

世間の借金の割合と平均借金額を見て、あなたはどのように感じましたか?

大なり小なり借金をしている割合が過半数を超えており、また借金額も想像以上に多くて少しだけホッとしたかもしれませんね。

30代借金(ローン)の理由やその目的は?

人生のターニングポイントとも言える30代は、住宅や自動車を購入するため銀行ローンを組んだり、または子どもの教育費が必要だったりと、お金が必要なタイミングって多いものですよね。

上でも書いた通り、30代で借金(ローンを含む)をしている割合は総世帯あたり平均55.7%にのぼり、その平均借金額は863万円でした。

これらの借金の主な目的は住宅ローンですが、その他に借金を負う理由も割合別にご紹介します。

 

住宅ローン・耐久消費財購入

30代(主に2人以上世帯)で最も大きな割合を占める借金の理由は、住宅ローンと耐久消費財などの住宅関連です。

住宅ローンとは文字通り土地や家を買うための銀行ローンのことを指し、耐久消費財とは住宅を買った後に発生するエアコン・冷蔵庫・テレビ・カーテンなどが該当します。

 

※なお、借り換えローンを活用することで、今お支払している住宅ローン金利を安く抑えることが出来きます。詳しくは「借り換えローンを活用して月々の住宅ローン金利を出来るだけ低くする方法」という記事をご覧下さい。

※記事はただいま準備中です。

 

消費者金融・カードローン(キャッシング)

一方、単身世帯の30代は、生活費・交際費などを消費者金融やクレジットカードを使って補填する割合が最も多いです。

(※ただし、独身男性、特に長男の独身男性などは住宅関連ローンの割合が多いです)

つまり日常的に必要なお金を借金(キャッシング)しているということですから、家計としては大変危険な状態だと言えますね。

 

※もし、あなたがこのような状態で悩んでいる場合は、「クレジットカードのキャッシングが返済できない!と悩む前に読むべき解決策(おまとめローン)」という記事に解決策を書きました。

※記事はただいま準備中です。

 

連帯保証・特別な理由など

借金として最も解決困難で、重くのしかかってくるものが連帯保証と言われる借金ですね。

また、それ以外にも特別な理由などで、大きな借金を抱えている個人や世帯も一定数ですが確かに存在しています。

もしあなたが、これのような解決困難な借金を抱えていらっしゃるのであれば、傷が浅いうちに「債務整理」のエキスパートへ相談されてみていかがでしょうか?

 

債務整理,おすすめ
>>債務整理のエキスパート<<

 

奨学金・教育ローン

割合的にはそこまで多くなく且つ30代のみが当てはまるワケではありませんが、自身の奨学金返済や子どもの教育費のために借金やローンをしている世帯も存在します。

特に30代後半以降になると、2人以上世帯だと子どもが大学受験を控えている頃かもしれません。

まだこれから子どもが大きくなる家庭であれば、教育にかける費用は決してムダではありませんから今のうちに出来る限りの準備を進めることをおすすめします。

 

おまとめローンや借り換えローンで金利を削減しよう

借金やローンの返済には大変苦労するものですが、その理由の1つが高い金利にあります。

借金額が多ければ多いほど高額な金利を払うことは仕方ありませんが、その金利を出来る限り下げることが可能であることを知っていましたか?

金利(または利息)をお得に引き下げるには、「おまとめローン」や「借り換えローン」をうまく活用すれば良いのです。

 

おまとめローン・借り換えローンとは?

・おまとめローン:複数の消費者金融からの借り入れや、クレジットカードでのキャッシングを一本化する方法のことを指します。主に、1つ1つの借り入れ額が比較的少額な方を対象としているのが特徴です(※ただし、銀行のカードローン、クレジットカードのショッピング利用は対象外です)。

 

・借り換えローン:ご自分がローンを組んだ銀行ないし業者とは別の金融機関に、金利を下げることを目的に乗り換える方法のことを指します。主に住宅ローンなど、借金額(ローン額)が高額な方を対象としているのが特徴です。

 

これらの方法を取り入れている世帯と知らないがために取り入れていない世帯では、借金額に大きな違いがあることが分かりました。

ですから、今すぐローンや借り入れ先の見直しされることをおすすめします。

 

おまとめローンをおすすめする世帯

複数の金融機関ないしは業者から少額の借り入れ(主にキャッシングや消費者金融からの借り入れなど)をされている世帯または個人は、おまとめローンを活用されることをおすすめします。

複数の少額借り入れとは、例えば消費者金融A社から80万円(金利:年12%)・キャッシングB社から50万円(金利:年15%)・消費者金融C社から50万円(金利:年18%)などのことですね。

このケースだと年間にかかる金利も高く且つバラバラですが、これをまとめて1本化して借り入れすると金利を下げることが出来る場合があります。

詳しくは、下のリンクから公式ページをご確認下さい。

 

 

借り換えローンをおすすめする世帯

住宅ローンによる高額な借金がある世帯または個人は、借り換えローンを活用されることをおすすめします。

例えばあなたが家を買うために組んだ当時の住宅ローン金利は、今の一般的な金利から比べると高くはありませんでしたか?

そういった場合は、今、住宅ローンを乗り換えるこtにより金利を低く抑えられ、且つ住宅ローンを最大857万円も削減することが可能な場合があります。

詳しくは、下のリンクから公式ページをご確認下さい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。